MENU

ストーカーとつきまといの違い?

警察へ相談する前に知っておきたいこと。

 

ストーカー規制法にない行為だと警察は行動できません。

 

ストーカーとつきまといの違い?

つきまとい対策を考える上でストーカーとつきまといの違いについてきちんと理解しておく必要がありますが、
警察に被害届を出す場合でもどちらかによって対応は異なってくる可能性があります。

 

ストーカーというのは同じ人に対して反復してつきまとう行為のことを言い、

 

必ずしも恋愛感情がそこにあるとは限らず、
エスカレートしていくのが一般的となっていて殺人事件など最悪の結末に至ってしまうようなこともあります。

 

ストーカーの問題が広く知られるようになり、
それに絡んだ事件も多発していることからストーカーに対する取り締まりはかなり強化されている傾向にありますが、

 

警察に相談をする場合もストーカーに狙われているといった方がつきまとわれているというよりも早めに行動してもらえる可能性があります。

 

 

つきまとい対策を考える上で、どのような理由で自分がつきまとわれているのかという事実を知ることも大切ですが、
まったく思い当たる節がない場合もあればストーカーしているのが誰かおおよその見当がついている場合もあります。

 

 

つきまとい対策はできるだけ早めに考えることが大切で、
時間が後になればなるほど被害は拡大してしまう可能性もあるので注意しなければなりません。

 

 

また、警察だけでなく探偵や弁護士に依頼して誰がつきまとっているのか調べてもらうことができるので、
どのように対策をするのかという点についてはその時の状況によっても変わるので冷静な判断が必要になります。

探偵の無料相談ならコチラ

ストーカー

フリーダイヤル 0120-700-357