MENU

警察介入でつきまとい対策するための心構え

ストーカー被害を受けている人は日本にたくさんいますが、女性のみならず男性でも被害を受けるケースが増えており、特にインターネットが普及してからはインターネットでも交流ができるようになったので、これから被害に繋がっていくケースも少なくありません。

 

 

ストーカーの手口についても以前より多様化しているのでつきまといの被害を受けている場合はその時の状態にあった対策というのも必要になってきますが、多くはエスカレートする一方なので早めの対応が必要になってきます。

 

 

このようなつきまとい対策の方法としては警察に介入してもらって対応を進めていくというのが一般的な方法になってきますが、警察に介入してもらっても刑事法令に反した行動をしないことには検挙に繋げることが難しいので相談に乗ってもらうなどが対処方法になります。

 

 

また、警察介入によるつきまとい対策についてはかえって警察に相談して対応してもらっているという事実が相手を刺激にすることに繋がる可能性もあるので、特に相手の素性が分からない場合のつきまとい対策は慎重さも必要になってきます。

 

 

警察介入してもらうタイミングそのものについては少しでも嫌がらせを受けるようになった時点から介入してもらうことをおすすめしますが、必要に応じて指導や警告などを警察側にしてもらえます。

 

警察からの指導がもちろんストーカーの抑止力に繋がることもあるので事前に対策を検討しておくようにしましょう。

探偵の無料相談ならコチラ

ストーカー

フリーダイヤル 0120-700-357