MENU

元カレ・元彼女や離婚した元配偶者(夫・妻)からの報復

つきまとい対策をする上でどのような理由でストーカーされている状態になっているか把握する必要がありますが、これについては相手の心理状況などもきちんと把握する必要があります。

 

つきまとい対策の中でも特に慎重さが必要になるケースとしては相手が報復のためにつきまといの行為をしているケースですが、きちんと把握しておかないと大きなトラブルに発展してしまうようなケースも少なくありません。

 

報復の例として多いのは昔の恋人や離婚した相手が多くなっており、双方に納得ができる別れをしない場合は特に勝手に恨みを持たれてしまってつきまとわれてしまうことにつながることもあります。

 

つきまとい対策をする場合に相手が自分に対して不快感を持っているような場合に嫌な思いをさせられてしまった場合は早めに警察へ相談することが大切で、警察に相談しないことには何かあった場合に対応することができません。

 

もし、相手がわかっている場合に共通の知り合いがいるような場合はその知り合いに相談するというのも方法の一つで、事前に相談しておくことによってうまく仲介役になってもらえる可能性があります。

 

いずれにしても報復によるつきまといは相手が自分に対して復讐をしない限りは成立しないことになるので復讐を受ける前にそれを阻止することも必要になってきます。

 

また、相手がわからない場合もあると思いますが、この場合は探偵や弁護士などに依頼して調査してもらうという方法もあります。

探偵の無料相談ならコチラ

ストーカー

フリーダイヤル 0120-700-357