MENU

性的羞恥心を侵害|動画や画像、メールの嫌がらせの行為

きまとい対策を考える上でどのような被害に遭っているかによっても対策の方法は異なってきますが、報復やストーカーが行なうことの多い被害の一つとして性的羞恥心を侵害するケースがあります。

 

これは直接的に性的な嫌がらせを行うというものではなく、動画や画像、メールなどを通じて嫌がらせの行為を行うのが一般的となっており、言動で嫌がらせをするよう場合もこれに該当します。

 

性的羞恥心の侵害をする側の心理としては少しでも気持ちの面で負担をかけることが目的になっているので、無視をしているとエスカレートすることも少なくなく、また反応をしてもよりエスカレートするようなこともあるので注意しなければなりません。

 

特に気を付けないといけないのがリベンジポルノと呼ばれるもので、これは過去の交際相手が裸の写真などを撮影しており、別れた後に嫌がらせの一環としてインターネット上に写真をアップロードするというものです。

 

つきまとい対策の中でも特に厄介となるのがリベンジポルノですが、少しでもそのような言動や行動があった場合は犯罪行為になるので必ず警察に相談をするようにしましょう。

 

つきまとい対策の方法によってはかえって相手を刺激することにも繋がりかねないので、特に相手を知っている場合は逆上させるような言動や行動をしないように細心の注意を払って対応することが大切です。

 

また、相手が分からない場合は調査会社に依頼して素性を調べてもらうことも検討しましょう。

探偵の無料相談ならコチラ

ストーカー

フリーダイヤル 0120-700-357