MENU

興信所にストーカー相談をして調べてもらえる項目について

ストーカー行為に対する相談を興信所が受けた場合、

 

幾つかの調査項目を設定され調査を行います。

 

例えば現状確認調査から始まり、犯人の特定調査となります。

 

 

この現状確認調査は、被害者が本当に被害に遭っているかどうかを確かめる作業で、

 

実際は被害者の勘違いや思い込みなどのケースもあるので重要となります。

 

そして実際にストーカーがあると判断された場合は、犯人の特定調査に移り尾行などから犯人の年齢や住まいなどを探ります。

 

 

そして、実際にストーカーを行っている証拠収集を行い、併せて証拠となる撮影までを行う流れとなります。

 

他に物理的な被害に遭わないため被害対策のアドバイス、メンタルケア、警察への証拠提供、訴訟準備など

 

問題解決に至るまで一連の流れで行います。

探偵の無料相談ならコチラ

ストーカー

フリーダイヤル 0120-700-357