MENU

警察に相談するタイミングとは?

どの段階で、つきまとい行為の被害対策が必要な時なのでしょうか。

 

早い段階で相談したいところですが、あまりに早い状態で相談すると警察も話を聞くだけになってしまうケースも。

 

警察が具体的な行動を加害者に対してとれるのは、
ストー規制法の対象となる行為があった場合です。

 

どの段階で 警察に相談する?

 

つきまとい対策の一つとして警察に動いてもらう方法があり、
つきまといや嫌がらせに法的な違法性がある場合は直接的に警察がつきまとい対策をしてくれるので、
一人で悩むのではなく早めに相談することも大切です。

 

つきまとい対策の相談に応じてくれるのは警察署の生活安全課になりますが、
以前だと話半分のところも多くあったので、相談しても意味がないという理由から警察に行かずに自己解決を図っていたことも少なくありませんでしたが、最近は取締りが強化されたこともあって親身に相談に乗ってくれるところが多くあります。

 

 

気になるのは嫌がらせやつきまといの行為を受けるようになってからいつのタイミングで警察に相談したらいいのかという話しになってきますが、これについては少しでも被害と自分が感じるタイミングでの相談がベストになっています。

 

 

早めに相談をしておくことによってその場ですぐに警察が動くことができない状態の被害であっても、今後何かあった場合にすぐ対応してもらうことができるので相談しておくようにしましょう。

 

 

つきまとい対策をする場合に相手の素性があらかじめ分かっている場合であれば、その人の性格にあわせて柔軟に対応するという選択肢もありますが、全く知らない人からつきまとわれている時の恐怖はないと思います。

 

 

まずは相手の素性を知る必要もありますが、警察ではそこまでしてくれないので探偵を雇って調べてもらうのが一般的な対策方法になってきます。

探偵の無料相談ならコチラ

ストーカー

フリーダイヤル 0120-700-357