MENU

単純妄想でつきまとう場合

つきまとい対策を考える上で必要なのが、相手がどのような目的でつきまといをしているかという点。

 

、まったく最初から相手の事を知らないというケースは少なく、ほとんどのつきまといのケースは自分が知っている人であることが多いと言われています。

 

 

その中でも特に多いのが単純妄想でつきまとう行為で、これは過去に恋人関係にあった場合や婚姻関係にあった場合に離婚やカップルを解消した場合につきまとわれてしまうケースで、一方的な別れを切り出した場合やかなりドロドロして別れることになった場合に発展することがあります。

 

 

知っている人だけにつきまとい対策を考える場合も慎重な行動が求められることになりますが、目的についてもさまざまで復縁を望んでいるケースもあれば、新しい恋愛をすることを阻害する目的もあります。

 

単純妄想はエスカレートすると相手に危害?

 

単純妄想はエスカレートすると相手に危害を加えるようなところまでエスカレートする可能性もあるので、早めのうちからつきまとい対策をして嫌がらせがエスカレートしないように気を付ける必要があります。

 

 

しかしながら直接的な被害がないと警察もなかなか動いてくれないのが現実なので、単純妄想によるつきまとい対策はなかなか前に向いて進まないこともあります。

 

警察に相談しておくことによって何かあった場合はすぐに対応してもらうことができることを考えると、早い段階で相談しておくことは大切で少しでも身の危険を感じる場合は早めの対策や相談が必要になってきます。

探偵の無料相談ならコチラ

ストーカー

フリーダイヤル 0120-700-357