MENU

名誉を傷つける行為への対策

つきまとい対策の方法にはいろいろありますが、相手がどのようなアクションを起こすかによっても対応方法は異なってきます。

 

特につきまとい行為やストーカーしている相手の情報が分かっている場合は相手の性格に合わせたつきまとい対策も考える必要があります。

 

 

つきまといの例として名誉を傷つけるというパターンがあり、これは相手を中傷することによって精神的に追い込むのが特徴になっており、無反応の場合はより苦しめようとしてさらに行動がエスカレートすることになります。

 

また、無反応の場合に名用を傷つける行為がエスカレートするからといって反応するのも厳禁となりますが、自分だけでは問題解決を図ることも難しいことから警察や信頼できる人に相談をしてきちんとつきまとい対策をしなければなりません。

 

名誉を傷つける具体的な「つきまとい行為」

 

名誉を傷つける具体的な行動例としては中傷するようなメールを送付することや文章を直接的に送付するというのが一般的となっており、エスカレートするとチラシを作って電信柱に張り付けてくるような場合もあります。

 

こうなると犯罪行為になるので警察に相談することで立件の対象になり、場合によっては嫌がらせをしてくる相手が逮捕されるようなこともあります。

 

いずれにしても名誉を侵害されるような文章があるような場合は目を背けたくなるような内容になっていてもきちんと保存しておく必要があります。

 

その時の状況などによっても対応方法は異なってくるので臨機応変に対応することをしておく必要もあります。

探偵の無料相談ならコチラ

ストーカー

フリーダイヤル 0120-700-357