MENU

ストーカーの被害を受けて監視されている場合

ストーカーの被害を受けている人の多くは監視されているのが一般的で、行動パターンを知られている場合は尾行されることや不審物が自宅に届くなどのトラブルも起こってくるので注意が必要です。

 

つきまとい対策の中でも監視行為に対してはなかなか対策をすることが難しいのが現状になっていて、監視行為をしているという証拠を掴まないことにはつきまとい対策もなかなか前に向いて進まないのが一般的となっています。

 

監視される方法にはいろいろあり、自宅周辺から見られていることもあればいつの間にか自宅に盗聴器や盗撮カメラが仕込まれていることによって部屋内部の情報が筒抜けになっていることもあります。

 

監視をされていることに気付くケース

 

監視をされていることに気付くケースとして多いのが自分の行動を知っていることをメールや手紙などで通達されるケースで、自分が見られているということに気付いた時の恐怖感は言葉で言い表すことができないものだと思います。

 

監視されていることが分かった場合にどのような形で監視されているかということを知ることもつきまとい対策として必要になってきますが、これについては探偵に依頼することによっても調べてもらうことができます。

 

また、監視されていることが分かった場合は身に危険が迫っている可能性もあるので必ず警察に相談しておくことも大切で、これまでに被害を受けている場合はその状況についてもきちんと紙面などにまとめて伝えることができるように事前準備をしておく必要があります。

探偵の無料相談ならコチラ

ストーカー

フリーダイヤル 0120-700-357