MENU

一人の行動を避けてつきまとい対策

ストーカーの被害を受けるようになり、

 

初めのうちは無言電話やメールでの嫌がらせが主体であっても次第にエスカレートすることも少なくなく、

 

会社に嫌がらせの電話をすることになることや家族にも害が及ぶことがあります。

 

 

自分だけの問題ではなく大切な人も巻き込んでしまうこともあるので

 

ストーカー問題はかなり重たい問題として圧し掛かってきますが、

 

少しでも被害を軽減したいのであればつきまとい対策をすることも大切です。

 

 

つきまとい対策をする上での基本になってくるのが一人での行動をできるだけ避けることで、

 

警察に相談するくらいの嫌がらせのレベルになっている場合は自分の身に危険が迫っていることも考えられるので、

 

一人での行動についてはより避けることが重要になります。

 

 

また、一人での行動を避けることは

 

犯罪リスクの軽減を図ることができるだけでなくいろいろな話しをすることによって緊張感の緩和を促すこともできるので、

 

溜まっているストレスの軽減効果についても期待することができます。

 

 

ただし、場合によっては一緒に行動する人に対しても被害が及ぶ可能性もあるので

 

安易に考えるのでなくきちんと説明をした上で一緒にいてもらう配慮も必要になります。

 

 

つきまとい対策によっては相手を逆上させて身にかかる危険性が高くなるような場合もあるので、

 

相手との関係性やこれまでの嫌がらせの状況なども考慮した上でつきまとい対策を進めていくことが重要になってきます。

探偵の無料相談ならコチラ

ストーカー

フリーダイヤル 0120-700-357