MENU

犯罪被害防止等即時対応システムでつきまとい対策

つきまとい対策の方法として犯罪被害防止等即時対応のシステム活用があり、

 

これは警察につきまとわれていることやストーカー被害を受けているという旨を伝えることによって登録することができます。

 

これに登録をしておくことによって犯罪に巻き込まれそうになった場合に110番をすることによって、

 

自分自身の置かれている状況が他の人に周知されるので、

 

通常の110番と比較してスピーディーな対応を受けることができるメリットもあります。

 

 

登録までの流れについては相談を始めに受けた警察署や交番が登録の有無についての説明をして、説

 

明される内容に自分が納得してから登録するという流れになるので、

 

警察につきまとい対策の相談をしたからといって、

 

直ちに犯罪被害防止等即時対応システムに自動登録されるというわけではありません。

 

 

ちなみにこのシステムに登録している人の多くはストーカー被害に悩んでいる人ですが、

 

家庭内暴力で悩んでいる人も登録しており、

 

必ずしもつきまとい対策のためだけに用意されているシステムというわけではなく、

 

身の危険が迫る可能性がある場合にも対応策として活用できます。

 

 

ただし、登録をしたからといって嫌がらせをしている本人に対して登録したという通知が届くわけではないので

 

根本的な解決というよりも何かあった場合の対応策になります。

 

 

いずれにしてもつきまといの被害がある場合は事故解決を考えるのではな

 

く事前に警察などの関連機関に相談することが肝要です。

 

 

もし、警察の対応が遅いと感じた場合はNPOや探偵事務所でも、

 

一部、ストーカーの無料相談もできるところもあるので、活用してみてください。

探偵の無料相談ならコチラ

ストーカー

フリーダイヤル 0120-700-357