MENU

防犯ブザーでつきまとい対策。ストーカー被害を防ぎたい

ストーカーの被害を受けやすいのはいつの時代も若い女性で、

 

性犯罪に巻き込まれることや傷害事件に発展するようなケースもあるので、

 

ストーカーされているという自覚がある場合は早めにつきまとい対策をしなければなりません。

 

 

つきまとい対策をする上で犯罪に巻き込まれるリスクを少しでも低減するということを意識する場合は

 

防犯ブザーを所有するということもありますが、防犯ブザーについては自分で購入することができるだけでなく、

 

他にも警察署で貸し出しのサービスを行っていることもあります。

 

 

防犯ブザーを使うことによって大きな音を発して身の危険を周知することができますが、

 

一方で誰もいないところで使っても逆効果で、むしろ防犯ブザーを使うことによって相手を逆上させてしまう可能性があるため使い方については注意する必要もあります。

 

 

前提としてつきまとい対策をする場合はできるだけ外にいる時に一人にならないようにすることや一人で夜道を歩かないようにすることなども必要で、特に静かな場所というのは犯罪リスクを高めることになります。

 

 

つきまとわれている場合に相手の素性があらかじめ分かっているケースとまったくわからないケースがあると思いますが、

 

相手のことが分からない場合はどのような性格の人かもわからないので自分の行動が刺激を与えている可能性もあります。

 

 

自分に非がないのに勝手につきまとわれるのは腑に落ちないと思いますが、

 

どんな状況であれ自分がターゲットにされている場合は気を付ける必要があります。

探偵の無料相談ならコチラ

ストーカー

フリーダイヤル 0120-700-357